顔の幅とフレームの幅を合わせるとフィットしやすい!

似合うメガネは人それぞれ異なる

自分に似合うメガネを探す際は、フレームの横幅をしっかり確認しましょう。フレームの横幅が顔に対して狭いと、顔が大きく見えてしまいます。逆に、フレームの横幅が広いと目が小さく見えてしまいます。このように、フレームの横幅によって与える印象が変わります。フレームの縦幅も重要です。フレームの縦幅は、眉から顎先までの3分の1程度に収まるくらいの大きさだとバランスよく見えます。また、顔の形によって似合うフレームの形も異なります。丸顔の人は、スクエアタイプのフレームのメガネを選ぶとシャープな印象を与えられます。面長の人は、ラウンドタイプのフレームを選ぶと長さが強調されにくくなります。これらを参考にして、自分の顔の特徴に合ったフレームの形や大きさを選びましょう。

フレーム幅の測り方について

メガネのフレーム幅は、左右のレンズ幅と真ん中のブリッジの長さを足したものになります。フレームのリムは幅に含まれませんので、測る際は注意しましょう。この数値を顔の幅とほぼ同じにすると、バランスよく見えます。顔の幅は、顔の最も広い部分を計測してください。顔の最も広い部分は、人によって異なります。真正面から鏡を見て、自分の顔で一番広い部分をチェックしてみましょう。また、顔にフィットするメガネを見つけたい場合は、フレームのリム上部のアーチが眉毛のアーチを揃っているとよいとされています。ほかにもフレームのリム上部の起点が、眉頭の起点と重なるようにする、レンズの中心に黒目がくるように調節するなども、バランスよく見えるための大切な要素です。

普段めがねをかけている人が外しているのを見かけると、違和感を感じてしまうことがあります。それは、顔のパーツのひとつとして認識しているからで、それだけ印象に与える影響も大きいと言えます。